公演情報 Concert Information

関連イベント

エドワード・ゴーリー×ひとみ座「うろんなむし」

3月15日(木)開演14:00、19:00
3月16日(金)開演19:00
3月17日(土)開演11:00、15:00
3月18日(日)開演11:00、15:00
3月19日(月)開演14:00、19:00
3月20日(火)開演 14:00

 

ナンセンスの鬼才、エドワード・ゴーリーの絵本から「うろんな客(The Doubtful Guest)」と「むしのほん(THE BUG BOOK)」(河出書房新社刊)を人形劇化。どちらも原作に示されたイラストが非常に重要な作品で、とても人間劇(演劇)で表現できる領域の世界ではありません。人形劇だからこそ、原作のイメージを損なうことなく、三次元の世界で表現できるものと確信しています。

  • 出演

    ナレーション

    高木渉

    人形劇団ひとみ座の人形遣い

    松本幸子、小林加弥子、蓬田雅代、勝又茂紀、木俣かおり。山下潤子、田中弘映、冨田愛、三坂龍輝、前島千尋、安藤麻衣、女部田麻緒

    スタッフ

    原作:エドワード・ゴーリー「うろんな客」「むしのほん」(河出書房新社刊)
    訳:柴田元幸
    構成・演出:友松正人(「うろんな客」)、石川哲次(「むしのほん」)
    美術:髙橋ちひろ
    音楽:やなせけいこ

     
  • 会場
    川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
  • チケット料金
    全席指定
    一般3,000円(当日3,500円)
    学生2,000円(当日2,500円)
    ※未就学児の入場不可

公演の見どころ聴きどころ

人形劇団ひとみ座は、「ひょっこりひょうたん島」でおなじみ!1948年創立の、人形劇の専門(プロ)劇団です。ブラックユーモアに溢れた両作品の人形劇公演により、ドラマの追求のみに偏重する演劇界に一石を投じるような、新しい人形劇世界の構築に努めて参ります。

出演者プロフィール

人形劇団ひとみ座
太平洋戦争が終わってまもない1948年、鎌倉アカデミアに集まった若者が中心になって演劇活動を始めた。その活動には俳優による舞台劇だけでなく人形劇もとり入れていた。やがて人形劇の専門劇団、「人形劇団ひとみ座」を発足、幅広い活動を展開し、今日にいたる。
舞台作品の多くは、東京都児童演劇コンクール優秀賞、NHK賞などを受賞。子どもを対象にした作品に加えて、「リア王」(俳優座劇場、新国立劇場)などのシェイクスピア作品、安部公房や泉鏡花の戯曲、大人を対象にした人形劇も数多く創り、一方「乙女文楽」などの伝統人形の研究と継承も活動の柱としている。
また、映像・テレビ時代の到来と共に「ひょっこりひょうたん島」「ネコジャラ市の11人」「伊賀の影丸」「笛吹童子」「紅孔雀」といった作品を送り出した。共同映画社との共同制作・映画「おおあなむちの冒険」などの大作もある。活動範囲は、日本全域にわたるが、近年ではアメリカ、カナダ、中国ほか海外にも拡げる。また、20年続いた「かわさき市民プラザ人形劇まつり」をはじめ、地元川崎を中心とした地域との結びついた活動も大切にしている。
「人形劇団ひとみ座」:http://hitomiza.com
(Twitter):https://twitter.com/hitomiza/
高木渉(ナレーション)
1966年生まれ。声優であり俳優。アーツビジョン所属。
代表的な出演作品は、『名探偵コナン』(小嶋元太、高木刑事)『ゲゲゲの鬼太郎(第5作)』(ねずみ男)、『連続人形活劇 新・三銃士』(ポルトス)、『はなかっぱ』(黒羽根屋蝶兵衛)など。