公演情報 Concert Information

アルテリッカしんゆり2020公演は日程を延期(一部中止)して開催いたします。
日程変更の詳細はこちらをご覧ください。
ご購入済チケットのご利用、キャンセルに関してはこちらをご覧ください。

>日程変更の詳細   >購入済チケットに関して 

お子さま向け

クラシック

大谷康子おおたにやすこがこどもたちにおくる「スペシャルコンサート」

~ヴァイオリンの名器「ストラディヴァリウス“ウィルヘルミ”」(日本音楽財団貸与)で
珠玉のひとときを~

8月10日(月・祝)開演14:00(開場13:30)

子供も大人も、心から音楽を好きになる♪

対象は幼稚園から小学生。その両親や祖父母など、大人も巻き込んで一緒に楽しみ、音楽を心から好きになるコンサートです。こどもの自由な感受性を大切にする、かしこまったクラシックコンサートではありません。

大谷康子がこどもたちに贈る「スペシャルコンサート」 チラシ

  • 出演
    大谷康子(ヴァイオリンソロ)
    冨永愛子(ピアノ)
  • 賛助共演
    Quartet Sisley(シスレー弦楽四重奏団)
    門野由奈 1st Vln
    桂川千秋 2nd Vln
    飯田香 Vla
    加藤泰徳 Vc
  • ダンス指導
    酒井麻也子
  • 企画構成協力
    伊藤裕太
  • 会場
    昭和音楽大学 ユリホール
  • チケット料金
    全席指定
    大人:2,500円
    子ども:1,000円
    大人・子どもペア席:3,000円
    ※子ども(中学生まで・2歳以下入場不可)
  • 曲目
    [ 第一部 ]
    東京五輪1964ファンファーレ
    東京五輪マーチ
    80日間世界一周
    五大陸の音楽
    <アジア>
    外山雄三:日本民謡による組曲
    <オセアニア>
    サモア島の歌 ( NHKみんなの歌 )
    <アメリカ>
    ビュータン:アメリカの思い出
    ヤンキー・ ドゥードゥル・ダンディ
    ラ・クンパルシータ(タンゴ)
    <アフリカ>
    ライオン・キング
    <ヨーロッパ>
    モーツァルト:トルコ行進曲
    エルガー:威風堂々
    サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

    [ 第二部 ]
    「となりのトトロ」より『さんぽ』(子どもたち登場)
    パプリカ (東京オリンピック公式応援歌・子どもたちによるダンス♪)
    <カルテット・シスレーのコーナー>
    モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジークより第1楽章
    スタジオ・ジブリ作品のメドレー
    < 来夏東京オリンピックを応援! >
    オッフェンバッハ:天国と地獄より
    ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲より
    イッツ・ア・スモール・ワールド 

公演の見どころ聴きどころ

前半はヴァイオリニストの大谷康子とピアニストの冨永愛子が、今夏の東京オリンピックにちなんだ五大陸の音楽を、後半にはシスレーカルテットが参加し、東京オリンピックを音楽で盛り上げます。耳なじみのあるクラシック音楽の名曲もあり、大人も子どもも楽しめる内容です。
<NHK>2020応援ソング プロジェクトで人気曲「パプリカ」のダンスによるワークショップも実施します。

出演者プロフィール

大谷 康子 ヴァイオリン Yasuko Ohtani, Violin
2020年にデビュー45周年を迎え、深く温かい演奏は「歌うヴァイオリン」と評される。 これまでにソロ活動はもとより、モスクワ・フィル、スロヴァキアフィル等、国内外の著名なオーケストラと多数共演。1公演で4曲のヴァイオリンコンチェルトを1日2公演行うという前代未聞の快挙を達成し話題となった。 キエフ国立フィルとは2017年以降毎年招聘され、2020年10月ウクライナにて4年連続の共演を予定。最新CDは実力派ピアニスト、イタマール・ゴランとのフランスのエスプリ薫る珠玉の名曲集。CDは他に、ベストセラー「椿姫ファンタジー」(SONY)のほか、ベルリンでの録音による「R.シュトラウス/ベートーヴェン・ソナタ№5(ピアノ: イタマール・ゴラン)」(SONY)も評価が高い。その他多数リリース。 著書に「ヴァイオリニスト 今日も走る!」(KADOKAWA)がある。BSテレ東(毎週土曜朝8時放送)「おんがく交差点」では司会・演奏を務める。 文化庁「芸術祭大賞」受賞。東京音楽大学教授。東京藝術大学講師。(公財)練馬区文化振興協会理事長。川崎市市民文化大使。高知県観光特使。(公財)日本交響楽振興財団理事。使用楽器はピエトロ・グァルレネ(1708年製)と、日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス「ウィルヘルミ」(1725年製)。

オフィシャル・ホームページ http://www.yasukoohtani.com
冨永 愛子 ピアノ Aiko Tominaga, Piano
東京音楽大学卒業後、ドイツ国立エッセン芸大を首席で修了。2008年東京音楽コンクールで優勝し、国内主要オーケストラと共演を重ねたほか、海外の音楽祭にも招かれてリサイタルを開催。2014年東京文化会館小ホールで開催したソロリサイタルでは「プリズムの光彩のように変化する音色、映像が浮かぶ表現力」と各方面から絶賛された。2017年日本アコースティックレコーズからデビューアルバム「リラの花」をリリース(レコ芸準特選盤)。
オフィシャル・ホームページ https://www.aikotominaga.com/
Quartet Sisley (シスレー弦楽四重奏団)
第1ヴァイオリン門野由奈、第2ヴァイオリン桂川千秋、ヴィオラ池辺真帆、チェロ加藤泰徳による弦楽四重奏団。2012年に岡本太郎生誕100周年を記念したコンサート「太郎の愛したクラシック」(川崎岡本太郎美術館)を機に本格的にカルテットとしての活動を開始。Quartet SISLEYの名はこの時に加藤泰徳が作曲した『 岡本太郎に捧げる弦楽四重奏曲TARO SISLEY ~ 踊り 祈れ そして爆発~』に由来している。太郎の愛したクラシックにはこれまでに4回出演。2013年に汐留ホールにて初の単独演奏会を開催。これまでに小森谷巧氏、松田拓之氏、又ヴィオラスペースの室内楽公開マスタークラスにてL.デジャルダン氏に師事。2016年には韓国・嘉泉大学にて交流演奏会に出演し初の海外公演を成功させた。2017年杉並公会堂、2019年すみだトリフォニー小ホールにてissj主催「カルテットシスレーによるチャリティーコンサート」開催。2018年にはアルテリッカ新百合ヶ丘の子ども向けコンサート「初めてのクラシック」に出演。ソリストを迎えての演奏も積極的に行っており、これまでに早稲田桜子氏、山田隆広氏、小森谷巧氏、大谷康子氏と共演。
  • 大谷康子 イメージ大谷康子
    ©Masashige Ogata
  • 冨永愛子 イメージ冨永愛子
  • 門野由奈 イメージ門野由奈
  • 桂川千秋 イメージ桂川千秋
  • 飯田香 イメージ飯田香
  • 加藤泰徳 イメージ加藤泰徳